喧嘩ポエム ラニスター家 と スターク家 がつぶし合う間、彼は馬上試合さえ開いて時を待つ。だが兄スタニスが彼に向かって行軍して来たため、レンリーの計画はほころびを見せる。兄の軍との戦いを準備している間、レンリーはスタニスに似た、動く影によって、謎めいた暗殺に遭う。. ロラス・タイレルは HBOドラマシリーズ で フィン・ジョーンズ が演じる。小説では曖昧にほのめかされているだけであるが、ドラマシリーズでは明白にロラスとレンリーの男色関係が描かれている。また、ドラマではロラスはメイスの一人息子とされ、メイス・タイレルの三人の息子のキャラクターが統合されている。レンリーの鎧を着て戦うのも、サンサやサーセイとの結婚話が持ち上がるのもロラスとなる。.">

バラシオン家


26.09.2021 著者: Shizu

ロバート・ バラシオン. サーセイ・バラシオン の双子の弟。15歳のとき、史上最年少でエイリス・ターガリエン王の「王の盾」に選ばれます。「ロバートの反乱」が起こると、父 タイウィン・ラニスター がキングズランディングに侵攻してきました。エイリス王が街を焼きつくす命令を下すと、ジェイミーは市民を助けるために王を殺します。彼が王を殺した理由は人々に知られないまま、「王殺し(キングスレイヤー)」の蔑称のみが知られることになります。父や姉と違って弟 ティリオン の知性を認め、敬意を払っています。姉サーセイとは近親相関関係にあり、ロバート王の子とされている3人の子どもはすべてジェイミーとサーセイの子どもです。.

タイレル家 がサンサをお茶に招き、マージェリーの祖母 オレナ・レッドワイン は、サンサをマージェリーの兄で世継ぎの ウィラス・タイレル と結婚させたいと言う。これを知った、〈王の手〉 タイウィン・ラニスター は、サンサを末息子の小人 ティリオン・ラニスター と結婚させる。サンサは奇形の夫への嫌悪感を隠し、うわべは上品につくろう。だがティリオンは床入りを強制しないと約束する。二人が床入りを迎えてないことは宮廷中に知られることになる。母親と ロブ 、 ブラン 、 リコン 、そしてアリアが死んだと聞かされ、サンサは密かに悲しむ。ジョフリーがマージェリーとの婚儀で毒殺された時、混乱の中でキングズランディングを脱出する。 ピーター・ベイリッシュ はサンサを自らの私生児アレイン・ストーンと偽って アリンの谷間 の 高巣城 に連れて行く。ベイリッシュはサンサの叔母 ライサ・アリン と結婚する。ライサはサンサを病弱な息子で今はアリン家の当主となった ロバート・アリン と結婚させると約束する。ピーターがサンサにキスをしているところを目撃し、ライサは逆上してサンサを殺そうとするが、ピーターによって殺される。サンサは高巣城の女主人となり、ベイリッシュから宮廷の陰謀術を学ぶ。ピーターはサンサをロバートの世継ぎであるハロルド・ハーディングと結婚させることを計画する。結婚したのちには、サンサの身分を明かし、 ウィンターフェル を取り戻させるつもりである。.

カテゴリー オススメ 1 お役立ち 4 日常 3 海外ドラマ・洋画 1 ソシャゲ 17 FGO 5 どきどきレストラン攻略 12 映画 13 洋画 11 SF 2 Z級 4 ホラー 4 ミュージカル 1 邦画 2 ホラー 2 歴史 2 幕末 2 海外ドラマ 41 SUPER NATURAL 20 ヴァンパイア・ダイアリーズ 2 ゲーム・オブ・スローンズ 16 海外ドラマ全般 3. ヨシヒコ 5話 実況 スタニス・バラシオン の海軍に対する〈ブラックウォーターの戦い〉に参加する。ティリオンに率いられた陸軍は〈炎素〉を用いて侵略軍をブラックウォーター川の入江に閉じ込め激しく抵抗するが、戦況はジョフリー王に不利に展開する。この時、母の太后はジョフリーを安全な〈赤の王城〉に呼び戻し、王党軍の士気はさらに下がることになる。ジョフリーのお気に入りの護衛である サンダー・クレゲイン すらも戦場から逃げ出す。敗北が迫った時、ジョフリーの祖父である タイウィン・ラニスター が待望の援軍と共に到着する。 タイレル家 の援軍も得て、王党軍はスタニスの反乱軍の前衛に打撃を与え、日和見をしていた軍勢はスタニスを裏切り、その矛先を転じる。スタニスと生き残りのわずかな軍勢は退却し、ジョフリー王の軍は勝利者となる。.

ジョフリーは、バラシオン家の金色と黒の牡鹿に、ラニスター家の赤と金色の獅子を組み合わせた紋章。 ・バラシオン-ラニスター家. ロネル 故人. 父ベイロンが 北部 の侵略を命じた時、アシャはディープウッド・モット 〈深林の小丘城〉 を奪った。 シオン が ウィンターフェル を奪った後、アシャは防御が難しいウィンターフェルを放棄して共に南に行こうと誘う。だがシオンは受け入れず、アシャの部下の半数と共に残る。アシャは去り、シオンの二枚舌の同盟者である ラムジー・スノウ によるウィンターフェルの奪取を見ることはない。ベイロンの死後は玉座を要求するために 鉄諸島 に戻る。土地と引き換えに本土と和平を結ぶという提案によって、〈選王民会〉では大方の予想よりも人気を集めるが、 ユーロン が王に選ばれる。アシャはこの決定を受け入れず、鉄諸島から逃げ出す。.

10 1 10 3 9 2 バラシオン家 4 7 31 6 32 5 5. 15 .

ロラス・タイレルは HBOドラマシリーズ で フィン・ジョーンズ が演じる。小説では曖昧にほのめかされているだけであるが、ドラマシリーズでは明白にロラスとレンリーの男色関係が描かれている。また、ドラマではロラスはメイスの一人息子とされ、メイス・タイレルの三人の息子のキャラクターが統合されている。レンリーの鎧を着て戦うのも、サンサやサーセイとの結婚話が持ち上がるのもロラスとなる。.
  • エイリス二世 の長男、 ドラゴンストーン のプリンス、〈鉄の玉座〉の世継ぎ。レイガーは知性的だが苦悩に充ちた男で、若年のころは本の虫であった。ある書物を読んだことで、歩む道を変えた。その後は熟練の戦士となったが、内向的なままであった。 エリア・マーテル と結婚し、娘のレイニス レーニス と息子の エイゴン をもうけた。 〈ハレンの巨城〉 の馬上試合でチャンピオンとなり、妻であるエリアではなく リアナ・スターク を愛と美の女王に選んで人々に衝撃を与えた。後にレイガーとリアナは失踪したが、リアナの家族や婚約者の ロバート・バラシオン を含む多くの人々は、これを誘拐と見なした。ロバートはリアナを救い出すために〈簒奪者の戦争〉を引き起こし、レイガーはトライデント河の戦いでロバートに殺された。『 七王国の玉座 』においてロバートは常にレイガーをののしるが、他の登場人物の多くはレイガーをほめたたえる。. ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1のあらすじとネタバレ 登場人物を紹介.
  • ブランは城の塔に登り、 王妃サーセイ と双子の弟 ジェイミー・ラニスター の性交を見てしまう。ジェイミーは二人の秘密を守るために窓からブランを突き落とす。ブランは生き延びるが、背骨を折って昏睡状態となる。暗殺者がブランを襲うが、ブランの獰猛な大狼が暗殺者の喉を引き裂く。目覚めたブランは大狼をサマーと名付ける。落下する幻視を見て、彼とともに飛ぶ〈三つ目の鴉〉の夢を見る。腰から下が麻痺したままとなり、どこにいくにも ホーダー に運ばれなければならない。落下の直前の出来事は覚えていない。サマーの意識に入り込む能力を得たことにやがて気付く。 ウェスタロス ではこのようなことをできる少数の者たちを〈狼潜り〉 ウォーグ と呼ぶ。ロブが北の王として戴冠した後、ブランはロブの世継ぎとしてウィンターフェルのプリンスとなり、兄が ラニスター家 との〈五王の戦い〉を戦う間、城を治める。〈灰色沼の物見城〉 グレイウォーター監視所 から ミーラ・リード と ジョジェン・リード がウィンターフェルにやってきて彼を助ける。ジョジェン・リードはブランの〈狼潜り〉としての能力に気づき、その適切な使い方を教える。ジョジェンは、もしブランが壁の北側に行けば、〈三つ目の鴉〉を見つけることが出来ると教える。 シオン・グレイジョイ が スターク家 を裏切りウィンターフェルを占拠した時、シオンは農民の子供を殺して、ブランは死んだと七王国中に告げる。だが、ブランは生き延び、リード姉弟と北に向かう。彼らは 〈壁〉 の放棄された城である〈夜の砦〉に着き、 サムウェル・ターリー に出会う。サムウェルは謎の存在である〈冷たい手〉の命で、〈壁〉の底にある隠された扉である〈黒い扉〉をブランの一行に通り抜けさせる。〈壁〉の北側で、ついに〈三つ目の鴉〉に会うが、その正体はターガリエン家の私生児で、かつて〈王の手〉であり、また 〈冥夜の守人〉 の総帥でもあったブリンデン・リヴァーズである。ブランは緑視者となることを学ぶが、それは自然に対する支配力を持ち、予知夢を見て、人や動物に乗り移る能力である。ウィアウッドの樹を通じて過去を見ることもできるが、過去を変えることはできない。.

ケヴァンは タイウィン の弟であり、最も信頼される指揮官であり、頼りになる誠実な男として知られている。ケヴァンは若くして兄が優れていることを認め、兄の望みを実現することを、すすんで自らの義務としたが、これは永遠に兄の影の中に生きることを意味する。タイウィンが考えたことのないことは、ケヴァンも考えたことがないとまで言われている。 ジョフリー 王の下で法務大臣となり、タイウィンの死後、 サーセイ は〈王の手〉の地位をケヴァンに与えようとする。しかしケヴァンはサーセイの指導力を信頼せず、サーセイが キャスタリーロック に帰って、彼自身を 摂政 としない限り、〈王の手〉の職務は受けないと拒否する。サーセイが指導者としても母親としても落第であると責める。信仰に目覚めた息子 ランセル とも疎遠になる。サーセイと ジェイミー の間の 近親相姦 とサーセイの子らの本当の父親を疑う。 西部 に戻り、サーセイはケヴァンにふさわしい地位をラニスター家の格下の人間たちに与える。サーセイが牢に入った後、〈小評議会〉はケヴァンを摂政に任命する。ケヴァンは受諾し、 タイレル家 と ラニスター家 の間で国家を再建し、サーセイが引き起こした問題を解決しようとする。だがその努力によって エイゴン・ターガリエン の王座奪還が難しくなるため、 ヴァリス によって石弓で胸を射られることになる。ティリオンの犯行であるように見せかけ、サーセイをさらに混乱させるためである。瀕死のケヴァンは短刀を持つ子供たちに取り囲まれ、ヴァリスはとどめをさすように命じる。ケヴァンは HBOドラマシリーズ において イアン・ゲルダー ( 英語版 ) が演じる。.

視点人物であるサーセイは、 ジェイミー の双子の姉であり、金髪と明るい緑の瞳を持つ。外見は極めて美しいが、利己的で強欲で残酷で人を操りたがる。〈 津競艇リプレイ動画 〉の後、サーセイは新王 ロバート・バラシオン と結婚し、七王国の王妃となった。強情で野望を持ち、女性に生まれたことを残念に思う。サーセイは常に子供たち- ジョフリー 、 ミアセラ 、 あだ名メーカー -の安全にこだわる。夫であるロバート王は愛していないし尊敬もしていない。.

視点人物であり、 サーセイ の双子の弟で、 タイウィン とジョアンナの息子である。サーセイと同様に、ジェイミーは尊大で不道徳で衝動的であり、驚くほどの美貌である。サーセイとは若いころから 近親相姦 関係にある。父や姉とは違い、小人の弟 ティリオン には敬意と優しさをもって接する。彼は若くして騎士となり、サーセイと一緒に居るために、 キャスタリーロック の相続権を手放し、15歳にして史上最年少で〈王の盾〉に選ばれた。だがこれは 狂王エイリス がタイウィンから世継ぎを奪おうとする企みであった。タイウィンは怒り、〈王の手〉を辞職し、サーセイを連れてキャスタリーロックに戻った。姉が去り、狂気と残酷さに取りつかれた王を守る職務に就いて、ジェイミーは次第にその任務の魅力から覚めていった。〈 ロバートの反乱 〉の最後に、タイウィンがエイリス王をだまして キングズランディング にその軍勢を入れ、街を略奪し始めた時、エイリス王は敵に奪われる前に街を焼きつくす命令を下し、ジェイミーには父タイウィンを殺すよう命じた。ジェイミーは民衆と父を救うために王を殺したが、その善行は人々には知られず、〈王殺し〉の蔑称と、邪悪で名誉を持たない男としての悪評のみが残った。ジェイミーの回顧によれば、自分が最良の行為をするほど、人々に罵倒されることが多い。.

この項目では、小説シリーズ『 氷と炎の歌 』の諸名家の登場人物について説明しています。同シリーズの諸名家以外の登場人物については「 氷と炎の歌の登場人物 」を、テレビドラマ『 ゲーム・オブ・スローンズ 』の登場人物については「 ゲーム・オブ・スローンズの登場人物 」をご覧ください。. キングズランディング ロバート ドラゴンストーン スタニス ストームズエンド レンリー. レンリー・バラシオン の家臣。ストームズエンドの東に浮かぶタース島の出身。バラシオン家に仕えていますが、スターク家の キャトリン と サンサ を護衛することになります。.

  • 王の四番目の息子の四番目の息子であるエイゴンは、若いころはエッグと呼ばれ、王位継承権では低い地位にいたため、不釣り合い王と呼ばれる。〈大議会〉の選択に従って、王位を拒否した兄 エイモン を含む、上位の王位継承権者たちを飛び越して王となる。やさしく気さくな人物で、 ウェスタロス を四半世紀以上もそつなく統治し、 ターガリエン家 の夏宮殿であるサマーホールの火事で亡くなる。.
  • キャトリン と エダード の第三子にして次女で、視点人物である。.

10 バラシオン家 10 3 9 2 8 4 7 31 6 32 5 5. HBO.

シリーズ当初、タイウィンは領地である 〈西部〉 で領地の経営に専念している。ロバート王の死後、タイウィンは、今度は孫である ジョフリー王 のために、再び〈王の手〉になる。タイウィンは翌年のほとんどを スターク家 に対して軍勢を率いて戦い、不在の間は息子のティリオンを〈王の手〉に任じる。〈五王の戦い〉の間、 スタニス・バラシオン は〈ブラックウォーターの戦い〉でキングズランディングに攻めよせる。スタニス軍が勝利するように見えた時、タイウィンが タイレル家 の援軍とともに到着し、スタニス軍の多くを殺し、生き残りの兵のほとんどは降伏する。. アシャ ヤーラ. ティリオンは HBOドラマシリーズ で ピーター・ディンクレイジ が演じる。.

9090 .

タイゲット 故人. 主な旗主 旗手 としては、ドレッドフォードの ルース・ボルトン 、ホワイト・ハーバーの ワイマン・マンダリー 、〈最後の炉端城〉 ラスト・ハース の グレイトジョン 、〈灰色沼の物見城〉 グレイウォーター監視所 のハウランド・リード、カーホールドの リカード・カースターク 、〈熊の島〉のレディ・メージ・モーモントなどがいる。.

視点人物であり、 ベイロン・グレイジョイ の唯一の娘であり、生存する中では最年長の子である。 エダード・スターク がシオンを人質として連れ去った後に唯一残った子であり、 鉄諸島 の伝統に反して女ながら世継ぎとして育てられた。アシャは勇猛で誇り高く、船を率いて男たちを戦いに導くことで、〈鉄人〉の女性差別の伝統を拒む。. ブランドン ロウェーナ 前妻、故人. フリオニール のばら リーダー 故人.

ネタバレ込み説明 ジョフリー同様、サーセイとジェイミーの子供です。 ジョフリーがどんなにひどいことを言ってティリオンやサンサを傷つけていても、それに乗っかることはありませんでした。 むしろ、一緒に傷ついていたのかもしれません。 自分の兄が周囲の人々を傷つける様子を見て、心を痛めていたのではと思えます。 ジョフリーが毒殺されたことによって、思いがけなく王位を継ぐことになりました。 しかし、まだ子供でタイウィンやサーセイらの傀儡と言えなくもない状態に。 しかも女性への免疫がないせいか、マージェリーに簡単に誘惑されてしまって首ったけに。 最終的には、サーセイとマージェリーの確執にも本当の意味では気付くことなく、サーセイにマージェリーを殺されたことで絶望し、飛び降り自殺。 サーセイの息子とは思えないくらい優しい性格でしたが、それが災いしたとも言えるでしょう。 優しい人は生きにくいのが、キングズランディングなのかもしれません。 神佑地.

  • ネタバレ込み説明 ロバートが死に、弟であるスタニスもレンリーも死んで、サーセイが落とし子を皆殺しにしたので、バラシオン家の血を引いているのは ジェンドリー 以外残っていません。 スタニスには娘がいましたが、宗教にのめり込んだスタニスが火あぶりにしてしまいましたし、ロバートの正統な子とされている3人はラニスターの血しか引いていませんし、それも3人とも死んでいます。 ロバートがサーセイと結婚したばかりに、バラシオン家は絶えかけているとも言えるわけです。.
  • ジャスパー・ ウェインウッド 故人.
  • シリーズ当初、タイウィンは領地である 〈西部〉 で領地の経営に専念している。ロバート王の死後、タイウィンは、今度は孫である ジョフリー王 のために、再び〈王の手〉になる。タイウィンは翌年のほとんどを スターク家 に対して軍勢を率いて戦い、不在の間は息子のティリオンを〈王の手〉に任じる。〈五王の戦い〉の間、 スタニス・バラシオン は〈ブラックウォーターの戦い〉でキングズランディングに攻めよせる。スタニス軍が勝利するように見えた時、タイウィンが タイレル家 の援軍とともに到着し、スタニス軍の多くを殺し、生き残りの兵のほとんどは降伏する。.
  • エルバート 故人.

RR .

これにより〈五王の戦い〉が始まる。ネッドの処刑を知り、ロブは〈北の王〉であることを宣言し、スタニスとその弟の レンリー・バラシオン もまたそれぞれ〈鉄の玉座〉の正統な世継ぎであることを宣言する。ネッドの首は城門の大釘にさらされるが、〈王の手〉になった ティリオン・ラニスター はネッドの頭と体をキャトリンに返還する。エダード・スタークは HBOドラマシリーズ において ショーン・ビーン が演じ、少年時代は セバスチャン・クロフト ( 英語版 ) が、青年時代は ロバート・アラマヨ ( 英語版 ) が演じる。.

タイウィンは、ティリオンを〈王の手〉の一時的な代理として キングズランディング に送る。ティリオンは愛人の シェイ を伴うが、苦心してその存在を隠す。ティリオンはサーセイとのほろ苦い権力闘争を始め、常に彼女の先手を打つ。〈炎素〉で充たした船と巨大な鎖を用意し、これはやがて〈ブラックウォーターの戦い〉で スタニス・バラシオン の艦隊を壊滅させ、大勝利をもたらすことになる。スタニスの兵たちが戦略的に重要な門を壊そうとした時、ティリオンだけが状況の深刻さを理解し、城壁の外に突撃して門を守ろうとする。自分に合った大きさの戦闘斧をもって馬に乗り、兵士たちを率いて戦う。戦闘の間に、〈王の盾〉の騎士により殺されそうになり、従者の クラリネット イラスト おしゃれ に救われるが、顔に傷を負い鼻のほとんどを失う。.

オレナ・ レッドワイン.

33 .


同様の出版物:

Eメール: mail@frenchexpatcompany.com
ポータル上の広告 frenchexpatcompany.com