第四水雷戦隊 編成


18.08.2021 著者: Chizu

第一水雷戦隊 (司令官: 木村昌福少将 (41期)). 略称は 六水戦 。先代の六水戦は、年(昭和10年)11月15日付で解隊された [] 。. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.

第一潜水戦隊 (司令官:古宇田武郎少将(41期)). 第二水雷戦隊 (司令官: 早川幹夫少将 (44期)). 楢 松型駆逐艦 百科事典. 所属 部隊 所属艦艇 第三艦隊 第十六戦隊 重巡洋艦「足柄」 軽巡洋艦「球磨」   第五水雷戦隊 軽巡洋艦「那珂」 はりねずみ 小説家 第二駆逐隊(駆逐艦「村雨」/「五月雨」/「春雨」/「夕立」) 第九駆逐隊(駆逐艦「朝雲」/「峯雲」/「夏雲」/「山雲」) 第二十四駆逐隊(駆逐艦「海風」/「江風」/「山風」/「涼風」) くすぐり小説 水雷艇「千鳥」/「真鶴」/「初雁」/「友鶴」 敷設艦「若鷹」 第二艦隊 第四水雷戦隊 軽巡洋艦「名取」     第五駆逐隊(駆逐艦「朝風」/「春風」/「松風」/「旗風」) 第二十二駆逐隊(駆逐艦「皐月」/「水無月」/「長月」/「文月」).

第一水雷戦隊 (司令官: 大森仙太郎少将 (41期)). 水雷戦隊 (すいらいせんたい)は、 機雷 ・ 魚雷 ・ 爆雷 などを使った水雷戦を行うことを目的に編成された、 大日本帝国海軍 の部隊の一つ。略字は Sd [注 1] 。. 第二一駆逐隊 (司令:石井 汞大佐(50期)).

44.

「第四戦隊」出撃せよ!の基本情報

ガ島戦従事中の同年10月中旬以降、四水戦司令官は幾度か秋月型駆逐艦 秋月 を旗艦として作戦に臨んだ [] [] 。10月下旬、 ヘンダーソン飛行場 に対する日本陸軍の総攻撃に呼応にしたガ島支援作戦において [] 、空襲を受けた由良が沈没する [] 。同時に旗艦 秋月 も損傷したため [] 、四水戦司令官は駆逐艦 村雨 を経て駆逐艦 朝雲 に将旗を掲げた( 南太平洋海戦 ) [] 。同時期には 天龍型軽巡洋艦 も一時的に増援部隊に編入されており [] [] 、11月7日から9日かけて軽巡 天龍 が臨時の四水戦旗艦となっている [] 。 第三次ソロモン海戦 時の四水戦旗艦は朝雲であった [] 。 新鋭軽巡 阿賀野 の第十戦隊編入にともない [] 、従来の第十戦隊旗艦 長良 が11月20日付で四水戦に編入され、同水戦旗艦を務めた [] (11月下旬から翌年1月下旬まで、舞鶴で修理) [] 。年(昭和18年)7月20日、四水戦は第二水雷戦隊を再編するため解隊され、四水戦司令部は二水戦司令部に改編された 黒い砂漠 釣り場 。.

第七潜水隊 (司令:岡田有作大佐(47期)). 第二水雷戦隊 は、日本海軍の 水雷戦隊 。 漸減邀撃作戦 における前進部隊に位置づけられた 第二艦隊 百合のカリスマ [3] [4] 、最前線の攻撃部隊として活動した [5] 。 最初の第二水雷戦隊は、年(大正3年)8月18日に 第一次世界大戦 に備えた戦時編制で初めて編制された [6] 。 装甲巡洋艦 もしくは二等巡洋艦( 防護巡洋艦 、 軽巡洋艦 )が 旗艦 を務め、 樺型駆逐艦 や 磯風型駆逐艦 などの駆逐隊、最終時は 峯風型駆逐艦 で編制された駆逐隊を指揮した。 第一次世界大戦 終結後の 年 (大正10年)12月1日、第二艦隊と共に解隊された [7] 。.

所属 部隊 所属艦艇 第四艦隊 第十九戦隊 敷設艦「沖島」   第六水雷戦隊 第二十九駆逐隊(駆逐艦「夕凪」/「朝凪」). 所属 部隊 所属艦艇 ロンクー 第十六戦隊 重巡洋艦「足柄」 軽巡洋艦「球磨」   第五水雷戦隊 軽巡洋艦「那珂」   第二駆逐隊(駆逐艦「村雨」/「五月雨」/「春雨」/「夕立」) 第九駆逐隊(駆逐艦「朝雲」/「峯雲」/「夏雲」/「山雲」) 第二十四駆逐隊(駆逐艦「海風」/「江風」/「山風」/「涼風」) 第二根拠地隊 水雷艇「千鳥」/「真鶴」/「初雁」/「友鶴」 敷設艦「若鷹」 第二艦隊 第四水雷戦隊 スライム エロ同人     第五駆逐隊(駆逐艦「朝風」/「春風」/「松風」/「旗風」) 第二十二駆逐隊(駆逐艦「皐月」/「水無月」/「長月」/「文月」).

[63] [70] [70] [71] [72] [73] 71 [74] [75] [70] 5, [76] 5,t [76] 2 [77] [78] [79] 1161 3 [79] [ 5]. [31] 第四水雷戦隊 編成 [33] [34] [35] [36] [37]. [37] [38] [4] 第四水雷戦隊 編成 [39] [40] .

アニメにおける第四水雷戦隊

第二七駆逐隊 (司令:白浜政七大佐(49期)). 第四水雷戦隊 (司令官: 高間 完少将 (41期)). 第十二駆逐隊 (司令:小川莚喜中佐(46期)). このような流れの中で、 日露戦争 以降の日本海軍はアメリカ海軍を仮想敵とし、太平洋上における艦隊決戦の構想を固める [63] 。また大正元年度大演習では、日中に水雷戦隊を運用する可能性が認識された [70] 。そこで、英海軍のスカウト(偵察艦)の流れをくむ一連の二等巡洋艦(軽巡洋艦)を水雷戦隊の旗艦とし、駆逐隊を指揮させることになった [70] 。この構想下における水雷戦隊の旗艦には「水雷戦隊を率いるための速力と通信能力」「艦隊に随伴するための航続力」「敵艦隊に肉薄するための砲撃力と雷撃能力」が求められ [71] [72] 、従来の貨客船改造型母艦では到底勤まらなくなっていた [73] 。 まず年(大正7年)1月下旬に 筑摩型防護巡洋艦 の 平戸 が二水戦に編入された [74] 。駆逐艦の性能向上にともない筑摩型の能力不足が目立つようになり [75] 、 天龍型軽巡洋艦 が建造された [70] 。つづいてアメリカ海軍の オマハ級軽巡洋艦 を意識して、天龍型の拡大型である5,トン型軽巡洋艦( 球磨型 、 長良型 、 川内型 )が竣工し、順次第二水雷戦隊に編入されていった [76] 。5,t型軽巡からは、艦載機による索敵も可能となった [76] 。また昭和2年度の第二水雷戦隊は軽巡洋艦 夕張 [77] および 神風型駆逐艦 と 睦月型駆逐艦 で統一され、最新・最精鋭の水雷戦隊となった [78] 。 なお、遭遇戦では巡洋艦の強力な武装による敵水雷戦隊の制圧、逆に頑強な防御力を頼みにした囮役が期待された。現に、太平洋戦争時には、 神通 ・ 川内 らが敵軍の集中攻撃を受けているうちに、味方水雷戦隊の雷撃が成功している例がある。ただし日米艦隊決戦下における水雷戦隊は重巡洋艦部隊と共に四個夜戦隊で二個夜戦群を編成し、重巡洋艦戦隊もしくは 金剛型戦艦 が敵警戒部隊を排除したあと水雷戦隊が突撃する想定であった [79] 。第二水雷戦隊(軽巡1、駆逐艦16)と共に第1夜戦隊を編成する戦隊は、 妙高型重巡洋艦 3隻( 妙高 、 那智 、 羽黒 )で編制された第五戦隊である [79] [注 5] 。.

1 34 [2] 2 [ 2] [ 3] 3 [5] [6] [7] [8] [9] [ 第四水雷戦隊 編成 [11] [ 5] [16] [ 6] dg.  46?

第七戦隊 (司令官: 西村祥治少将 (39期)). 捷一号作戦 において 小沢機動部隊 イーシュヴァラプラニダーナ 小沢治三郎 第三艦隊司令長官)の水上兵力が不足したため [] 、第三十一戦隊と十一水戦は臨時に機動部隊に編入された [] 。10月18日、十一水戦司令官は旗艦を多摩から駆逐艦 人外審神者 クッキーモンスター に変更した [] 。多摩と駆逐艦 杉 は小沢機動部隊 [注 43] として レイテ沖海戦 (エンガノ岬沖海戦)に参加 [] 。多摩は空襲で損傷し単艦で避退中の10月25日 [] 、潜水艦 ジャラオ の雷撃で沈没した [] 。12月上旬より阿賀野型軽巡 酒匂 を旗艦としたが [] 、燃料不足のため満足な訓練もできなかった。 年(昭和20年)4月1日、第二艦隊に編入される [] 。直後の 坊ノ岬沖海戦 で第二艦隊は主戦力を喪失する [21] 。4月20日の第二艦隊と第二水雷戦隊の解隊により、十一水戦と第三十一戦隊は連合艦隊付属となった [] 。5月下旬には日本海に回航され、舞鶴周辺で待機した [] 。また第十一水雷戦隊と第三十一戦隊の艦艇で5月20日付で 海上挺進部隊 部隊が編成され、軽巡 北上 や駆逐艦に人間魚雷 回天 が搭載された [23] 。7月15日、十一水戦は解隊された [24] 。.

第九駆逐隊 (司令:佐藤康夫大佐(44期)). 第十一潜水戦隊 (司令官:仁科宏造少将(44期)). 第一航空隊 (司令:荒木敬吉大佐(45期)). 第七潜水戦隊 星座、血液型 占い 司令官: 大和田 昇少将 (44期) ).

  • リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.
  • 大日本帝国海軍 官衙 海軍省 軍令部 海軍艦政本部 海軍航空本部 外局等一覧 地方組織 鎮守府 警備府 要港部 駐満海軍部 艦隊 連合艦隊 北東方面艦隊 中部太平洋方面艦隊 南東方面艦隊 南西方面艦隊 第十方面艦隊 支那方面艦隊 海上護衛総司令部 海軍総隊 他作戦部隊 海軍航空隊 海軍陸戦隊 主要機関 学校一覧 歴史・伝統 日本海軍の歴史 日本海軍の軍服 その他 階級一覧 艦艇一覧 兵装一覧 表 話 編 歴.
  • 第八〇二海軍航空隊 (司令官:鴨 遊波夫大佐(48期)).
  • 連合艦隊 北東方面艦隊 中部太平洋方面艦隊 南東方面艦隊 南西方面艦隊 第十方面艦隊 支那方面艦隊 海上護衛総司令部 海軍総隊.

[76] 5,t [76] [81] 24 [82]. 8520 [] [ 37] 91115 [] 141125 [] []. 1 34 [2] 2 [ 2] 第四水雷戦隊 編成 3] 3 [5] 第四水雷戦隊 編成 [7] [8] [9] [ 4] [11] [ 5] [16] [ 6] dg.   40.

連合艦隊 北東方面艦隊 中部太平洋方面艦隊 南東方面艦隊 南西方面艦隊 第十方面艦隊 支那方面艦隊 第一機動艦隊 第一艦隊 第二艦隊 第三艦隊 第四艦隊 第五艦隊 第六艦隊 第七艦隊 第八艦隊 第九艦隊 航空艦隊 第一航空艦隊 第二航空艦隊 第三航空艦隊 第五航空艦隊 第十航空艦隊 第十一航空艦隊 常備艦隊 南清艦隊 第一遣外艦隊 第二遣外艦隊 遣支艦隊 南遣艦隊 水雷戦隊 海上護衛総司令部 特設護衛船団司令部 海上護衛隊 海軍総隊. 第二九駆逐隊 (司令:島居威美中佐(47期)). 第二六潜水隊 (司令:松尾義保大佐(47期)).


同様の出版物:

Eメール: mail@frenchexpatcompany.com
ポータル上の広告 frenchexpatcompany.com