宇都宮広綱


08.09.2021 著者: Kiyoshi

ところが、大永年間に後 北条氏 が介入した 足利高基 ・ 足利義明 の対立が始まると、 宇都宮 忠綱は 結城政朝 に敗れ没落した。 芳賀 高経が 結城政朝 と連携したのである。この結果、 宇都宮 忠綱の末 弟 ・ 宇都宮興綱 が擁立されたが、 興 綱が元 服 したころから両者は確執し、 宇都宮 忠綱の次 弟 ・ 宇都宮 俊綱(後の 宇都宮尚綱 )が擁立されて、 宇都宮興綱 は 幽 閉された。. 宇都宮 城の歴史.

名 前 伊勢寿丸(初名) 羽柴国綱(別名) 所 属 宇都宮 家. To "Satake history research". この時期になると、自立的だった周辺の一族が 宇都宮 正剛に従属を強め、 芳賀 一族らの直臣化も進んでいた。ところが、文明9年( 7年)に 宇都宮 正剛が31歳で亡くなる。 宇都宮 氏は若年の 宇都宮成綱 プリクラ 画像取得 芳賀 景 高・ 芳賀 高勝 父 子が支えたのである。.

結城朝勝 百科事典. 成綱の死後、その子忠綱が跡を継いだが、成綱の強引なやり方に不満を抱く芳賀氏の一族らは、成綱の弟で芳賀氏を嗣いでいた興綱と内通、 結城城 主・結城政朝とも語らい、忠綱追い落としを画策した。大永七()年、結城政朝は猿山ヶ原で忠綱と戦い、その隙に芳賀一族と興綱が 宇都宮城 を占拠、忠綱は壬生氏を頼って鹿沼城に落ち延びたが、 宇都宮城 を奪回することなく四年後に死去した。宇都宮氏を嗣いだ忠綱はその後、天文五()年に芳賀高経に暗殺されたという。興綱の跡は子の尚綱が嗣いだが、芳賀氏の横暴を見かねた壬生綱房は尚綱と謀って高経を 児山城 に攻め滅ぼした。尚綱は芳賀家の名跡を益子勝宗の三男に嗣がせ、芳賀高定と名乗らせた。殺された高経の子、高照・高継は奥州に逃れていたが、那須氏とその配下の大田原資清が高照を匿い、宇都宮氏の当主の座を狙わせた。尚綱は天文十八()年、弥五郎坂で那須高資、大田原資清らと合戦に及び、芳賀高定は 宇都宮城 を守備していたが、那須方に内通していた壬生綱房は突如 宇都宮城 を襲撃し、芳賀高定は城を乗っ取られた。これにより浮き足立った宇都宮軍を那須軍が襲い、混乱の中尚綱は討ち死にした(弥五郎坂合戦)。壬生綱房の子、綱雄は壬生城から飛山城方面に軍を進め、芳賀高定を牽制した。高定は尚綱の子、広綱を匿って佐竹氏を頼って落ち延びた。高定は 宇都宮城 奪還を計画、弘治五()年、真岡城にて芳賀高経の法要にかこつけて高照を誘い出し、高照を捕らえて寝返らせ、家臣に命じて 宇都宮城 を占拠する壬生綱房を暗殺させた。高定は綱房の死を確かめた後、高照も殺害したという。 宇都宮城 に残った壬生綱雄は那須資胤らの後ろ盾を得て弘治二()年、芳賀地方に侵攻し勝利したが、翌弘治三()年、芳賀高定は佐竹義昭とともに乙連ヶ原で合戦、このとき芳賀高定の策略で那須資胤が寝返ったため壬生綱雄は不利となり降伏、宇都宮広綱は 宇都宮城 主の座に復帰した。芳賀高定は隠居し、二年前に殺害した高照の弟、高継に芳賀家を嗣がせたが、芳賀高継は宇都宮氏への恨みが消えず、反抗的な態度を繰り返した。.

康暦二()年、宇都宮基綱は小山 鷲城 (または 祇園城 )主・小山義政と領土争いから合戦に及び、敗れて討ち死にした(裳原合戦)。この事件を契機に鎌倉公方・足利氏満が小山義政を攻め、三次に及ぶ小山義政の乱が勃発した。. 芳賀高継 百科事典.

4 87 830. ………….

目 次 1. が、 天 文8年( 9年)に 天 文の内訌が起きる。 小山 高 朝 との所領争いを仲介した 芳賀 高経と 宇都宮 俊綱が対立し、 小田 政治 の仲介で和 睦 に持ち込んだものの、 芳賀 高経に 那須 高資・ 塩谷 孝綱らが味方し、 小山 高 朝 ・ 結城政勝 が好機とみて介入。結果、大 混乱 に陥ったのである。. とはいえ、 宇都宮 氏は 鎌倉 公 方の 偏諱 を得続けるなど、有 力 者として健在であった。 関東八屋形 は後世の 神話 とされるが、 鎌倉 府体制の一員であり続けたのである。.

三国志 アプリ 無料 おすすめ 珍 しい武将。. 成綱の死後、その子忠綱が跡を継いだが、成綱の強引なやり方に不満を抱く芳賀氏の一族らは、成綱の弟で芳賀氏を嗣いでいた興綱と内通、 結城城 主・結城政朝とも語らい、忠綱追い落としを画策した。大永七()年、結城政朝は猿山ヶ原で忠綱と戦い、その隙に芳賀一族と興綱が 宇都宮城 を占拠、忠綱は壬生氏を頼って鹿沼城に落ち延びたが、 宇都宮城 を奪回することなく四年後に死去した。宇都宮氏を嗣いだ忠綱はその後、天文五()年に芳賀高経に暗殺されたという。興綱の跡は子の尚綱が嗣いだが、芳賀氏の横暴を見かねた壬生綱房は尚綱と謀って高経を 児山城 に攻め滅ぼした。尚綱は芳賀家の名跡を益子勝宗の三男に嗣がせ、芳賀高定と名乗らせた。殺された高経の子、高照・高継は奥州に逃れていたが、那須氏とその配下の大田原資清が高照を匿い、宇都宮氏の当主の座を狙わせた。尚綱は天文十八()年、弥五郎坂で那須高資、大田原資清らと合戦に及び、芳賀高定は 宇都宮城 ヒーローアカデミアかえる 宇都宮城 を襲撃し、芳賀高定は城を乗っ取られた。これにより浮き足立った宇都宮軍を那須軍が襲い、混乱の中尚綱は討ち死にした(弥五郎坂合戦)。壬生綱房の子、綱雄は壬生城から飛山城方面に軍を進め、芳賀高定を牽制した。高定は尚綱の子、広綱を匿って佐竹氏を頼って落ち延びた。高定は 宇都宮城 奪還を計画、弘治五()年、真岡城にて芳賀高経の法要にかこつけて高照を誘い出し、高照を捕らえて寝返らせ、家臣に命じて 宇都宮城 を占拠する壬生綱房を暗殺させた。高定は綱房の死を確かめた後、高照も殺害したという。 宇都宮城 に残った壬生綱雄は那須資胤らの後ろ盾を得て弘治二()年、芳賀地方に侵攻し勝利したが、翌弘治三()年、芳賀高定は佐竹義昭とともに乙連ヶ原で合戦、このとき芳賀高定の策略で那須資胤が寝返ったため壬生綱雄は不利となり降伏、宇都宮広綱は 宇都宮城 主の座に復帰した。芳賀高定は隠居し、二年前に殺害した高照の弟、高継に芳賀家を嗣がせたが、芳賀高継は宇都宮氏への恨みが消えず、反抗的な態度を繰り返した。.

辞書 類語・対義語辞典 英和・和英辞典 日中中日辞典 日韓韓日辞典 古語辞典. とはいえ、実は隠居後も 宇都宮成綱 が実質的な当 主 であり、2は 宇都宮 父 子の巻き返し、3は最後の手段だったといわれている。かくして 宇都宮 家 中の 混乱 は、 足利高基 の 支援 ギーア寺院講堂マップ 4年)には当 主 父 子の思惑通り、終息しつつあった。.

家督相続 年8月30日、父・広綱の死とともに宇都宮氏22代目を継承する。 しかし、年少であったことと父の死に付け込まれて、壬生氏や皆川氏などの国内の反対勢力が活発化したこともあり、後北条氏の侵攻がさらに激化することとなった。 これに対し国綱は常陸国の佐竹氏や下総国の結城氏、甲斐国の武田勝頼、さらには豊臣秀吉と手を結んで対抗する。 小田原征伐 小田原征伐直前には、鹿沼城、真岡城、壬生城などの周辺諸城が全て北条に寝返っており、国綱は拠点を平城の宇都宮城から山城の多気城に移さざるを得ない状況にまで追い詰められ、施策としては秀吉の出陣を願うのみとなっていた。 そして、年ついに豊臣秀吉による小田原征伐が始まる。国綱は小田原征伐に参陣、石田三成の指揮した忍城攻撃などに参加し、下野国18万石の所領を安堵された。 その後は秀吉に従い、文禄の役にも参陣している。また、秀吉の力を背景に家中の統制を強め年には豊臣姓を下賜された。.

略 歴 年… 21代当主・広綱の嫡男として誕生   年… 父・広綱が死去し家督を継承する   年… 豊臣秀吉の小田原征伐に参陣する   年… て秀吉の命により改易される   年… 浅草にて病死する. 国綱 、 結城朝勝 、 芳賀高武.

4 6 .

もっと知りたい人のために

従四位下 下野 守. ウェブリオのサービス ・ Weblio 辞書 ・ 類語・対義語辞典 ・ 英和辞典・和英辞典 ・ Weblio翻訳 ・ 日中中日辞典 ・ 日韓韓日辞典 ・ フランス語辞典 ・ インドネシア語辞典 ・ タイ語辞典 ・ ベトナム語辞典 ・ 古語辞典 ・ 手話辞典 ・ IT用語辞典バイナリ. 元亀 3年( 年 ) 1月14日 の夜、 上杉謙信 との外交を任されていた宇都宮氏の筆頭重臣 岡本宗慶 が俊宗によって暗殺され、その翌日、 宇都宮城 は 皆川氏 によって占拠された。占拠されてから約1年間の間は皆川俊宗が宇都宮氏の主導権を握っており、俊宗は徐々に 後北条氏 寄りの立場を取るようになる。このために一時的だが、 宇都宮氏 は北条氏に屈した形となった。.

宇都宮 城の歴史.

83022 18 .

関連語をあわせて調べる

お問合せ・ご要望 ・ お問い合わせ. 会社概要 ・ 公式企業ページ ・ 会社情報 ・ 採用情報. 小田原征伐  6.

30 3. 宇都宮広綱   ! 9 7 31. All text is available under the 宇都宮広綱 of the GNU Free Documentation License?

宇都宮藩出身の志士(人物)

千 同 四字熟語 参加元一覧. 成綱の死後、その子忠綱が跡を継いだが、成綱の強引なやり方に不満を抱く芳賀氏の一族らは、成綱の弟で芳賀氏を嗣いでいた興綱と内通、 結城城 主・結城政朝とも語らい、忠綱追い落としを画策した。大永七()年、結城政朝は猿山ヶ原で忠綱と戦い、その隙に芳賀一族と興綱が 宇都宮城 を占拠、忠綱は壬生氏を頼って鹿沼城に落ち延びたが、 宇都宮城 を奪回することなく四年後に死去した。宇都宮氏を嗣いだ忠綱はその後、天文五()年に芳賀高経に暗殺されたという。興綱の跡は子の尚綱が嗣いだが、芳賀氏の横暴を見かねた壬生綱房は尚綱と謀って高経を 児山城 に攻め滅ぼした。尚綱は芳賀家の名跡を益子勝宗の三男に嗣がせ、芳賀高定と名乗らせた。殺された高経の子、高照・高継は奥州に逃れていたが、那須氏とその配下の大田原資清が高照を匿い、宇都宮氏の当主の座を狙わせた。尚綱は天文十八()年、弥五郎坂で那須高資、大田原資清らと合戦に及び、芳賀高定は 宇都宮城 を守備していたが、那須方に内通していた壬生綱房は突如 宇都宮城 を襲撃し、芳賀高定は城を乗っ取られた。これにより浮き足立った宇都宮軍を那須軍が襲い、混乱の中尚綱は討ち死にした(弥五郎坂合戦)。壬生綱房の子、綱雄は壬生城から飛山城方面に軍を進め、芳賀高定を牽制した。高定は尚綱の子、広綱を匿って佐竹氏を頼って落ち延びた。高定は 宇都宮城 奪還を計画、弘治五()年、真岡城にて芳賀高経の法要にかこつけて高照を誘い出し、高照を捕らえて寝返らせ、家臣に命じて 宇都宮城 を占拠する壬生綱房を暗殺させた。高定は綱房の死を確かめた後、高照も殺害したという。 宇都宮城 に残った壬生綱雄は那須資胤らの後ろ盾を得て弘治二()年、芳賀地方に侵攻し勝利したが、翌弘治三()年、芳賀高定は佐竹義昭とともに乙連ヶ原で合戦、このとき芳賀高定の策略で那須資胤が寝返ったため壬生綱雄は不利となり降伏、宇都宮広綱は 宇都宮城 主の座に復帰した。芳賀高定は隠居し、二年前に殺害した高照の弟、高継に芳賀家を嗣がせたが、芳賀高継は宇都宮氏への恨みが消えず、反抗的な態度を繰り返した。.

略 歴 年… 21代当主・広綱の嫡男として誕生   年… 父・広綱が死去し家督を継承する   年… 豊臣秀吉の小田原征伐に参陣する   年… て秀吉の命により改易される   年… 浅草にて病死する.


同様の出版物:

Eメール: mail@frenchexpatcompany.com
ポータル上の広告 frenchexpatcompany.com